息子のためにヒゲ脱毛検討中~ヒゲが痛いと嫌がられないために

髭が生え始めたのは高校2年生の頃からでした。生えたといっても4日毎に剃れば問題ない程度の薄いものでしたが、その4日に1回すらも煩わしかったのを覚えています。

社会人になってからはストレスの影響か髭が伸びるのが早くなり、接客業だったため2日に1回……そのうち毎日剃るようになりました。その頃には髭剃りも慣れたので剃ることそのものは苦にはなりませんでした。問題だったのは肌が弱かったことです。
2日に1回の時はまだよかったのですが、毎日となると肌がヒリヒリ痛み赤くなってしまうんです。カミソリを代えたりシェーピング剤を色々と試したりしましたが結局解決しませんでした。

この頃から脱毛ってできないの? と考えるようになりましたが、考えるだけで行動せずそのまま我慢して毎日剃っていました。(今では料金が安く通いやすいみたいですけどね…ヒゲ脱毛メンズ
そして結婚と息子の誕生を経て今現在、髭の存在が本当に煩わしく感じています。世の中のお父様方は一度は経験されたことがあるのではないでしょうか……息子と触れ合おうとするとこう言われるのです。

「おとうしゃん、おひげいたい」

仕事を終えおかえりと言ってくれる息子を抱え荷物を所定の位置に置き、妻がご飯を用意してくれる間に息子と遊ぶのですが、この間気を付けていてもくっついてくる息子に髭が当たることがよくあります。普段どれだけ仲良く遊んでも、大好きだと言ってくれても3歳の息子の肌に髭はよほど痛いのか上のセリフをよく言われてしまうんです。

朝に髭を剃っても仕事帰りにはどうしてもある程度伸びてしまうのでしょうがないとは思うのですが、自分にとって不必要なものでしかないこの髭……本当に邪魔です。
ちなみに髭を剃ったばかりの肌には、よく頬をつけてきてくれます。髭の痛さとのギャップが良いのか嬉しそうにしている姿は、やっぱり可愛いもんです。

高槻市の個人脱毛サロンでの体験談~VIO脱毛は痛かった

始めは、三十代前半は、防府市の白石皮膚科で脱毛しました。首、脇、足、腕をしましたが、とにかく痛くて辛かったです。出産の陣痛並みの痛さで、施術の間はずっと手を握り締めて、いちいち悲鳴を上げないと耐えられませんでした。痛いからか、剛毛の生えてくる本数は減り、薄くなりました。ほぼほぼ満足して居ました。一度に一万から2万でした。

そして、三十代後半、大阪府高槻市のグランティスという個人でやっておられるサロンで脱毛しました。このサイトで見つけましたよ。
エステシャンの方で、機械も最近のものだからか、陰部以外の黒くない所はまったくいたくなくて驚きました。
IVOはさすがに、悲鳴を上げるほど痛くて、エステシャンの方も、ご自分では耐えられないからできないとおっしゃってました。

こちらは広い範囲をしても五千前後で、早く終わるし快適でした。
顔の産毛や、指の産毛も、薄くなり嬉しかったです。
背中やおしりもやってもらいました。
今は脇は数本たまに生えてきますが、処理は楽です。手足も数本残っていますが、月に二回くらい数本を剃る位になったのですごく楽で夢見たいです。

首も、太い産毛がわさわさあったので、髪をしばってみえるのがすごく嫌でしたが、いまは人並みなのですごく嬉しいです。
問題は肩で、キャミソールを切るときなど、濃ゆいので、剃る境目が難しくて悩んでいましたが。
いまは薄くなったので助かっています。

顔のひげも、濃ゆくて、青いので、嫌ですが、ホルモンの関係で、脱毛がききにくいとのことで、まだ青さが残っています。
また、そのうちに行ってやってもらおうかと思ってはいますが、今のところ全体的に満足して居ます。
小学生のころ、すね毛がクラスで一番濃ゆくて、すね毛で習字が書けるねってからかわれたことが忘れられないほど嫌な思い出です。”